⇒1分!すぐできる引っ越し一括見積もりはこちら


エアコン・クーラー

引っ越しをする際、基本料金に加えて特別な料金がかかってしまうことがあります。エアコンの引っ越しは、取り外し・取り付けに専門の工事が必要なため、予想外にお金がかかってしまうものなのです。

それでは自分でやればいいのではないかというと、故障の原因になったり、フロンガスによって危険な状態にもなりうるので、必ず専門業者に作業してもらいましょう。

エアコンを引っ越しする場合、どのような方法でどんなことに注意して行えば良いのでしょうか?

エアコンの引っ越しをする場合の2つの方法

引っ越しの際にエアコンの取り外し・取り付けをお願いする場合、引っ越し業者のオプションサービスを利用するか、エアコン専門業者に別途頼むという2つの方法があります。

料金の相場で考えると、引っ越し業者に頼む場合は2万円前後、エアコン専門業者に頼むとそれより1万円ほど安くなることが多いです。

料金をできるだけ安く抑えたいなら、エアコン専門業者にお願いするのが良いでしょう。ただ、手続きに手間がかかり、忙しい引っ越しの時期に時間のロスを減らしたいのであれば、引っ越し業者にお願いした方が、日程の都合なども考慮してくれるので、何かと便利です。

エアコンの引っ越しの際に注意点

まず、エアコンの引っ越しをする場合は、引っ越し先の状況を確認することが大切です。賃貸物件などの場合、エアコンによる穴を開けなければならない時に、勝手に行うとトラブルの元になるので予め確認が必要なのです。

それから、引っ越し業者のオプションサービスを利用する場合、プラン選びには慎重にならなければなりません。大手業者のエアコンの引っ越しプランの場合、基本工事のみのコースと追加料金分もセットになったコースがあります。

料金も安いため、基本工事のみのコースを軽い気持ちで選んでしまいがちですが、追加料金が当日プラスされて、かえって高くなってしまうことも多いのです。追加料金とは、配管の交換や延長など様々な部品代が加算されていくものです。

後でトラブルにならないためにも、事前にどこまで基本料金に含まれているのか、どれくらいの追加料金がかかりそうなのか、確認をとるようにしましょう。可能であれば、エアコンの工事に関わる料金も、しっかりと事前に見積もりを取ることをお勧めします。

新しくエアコンを購入するという選択肢も

エアコンの引っ越しには引っ越し先の状況によっては、追加料金が高くなって新品を購入した方が良かったと後悔することにもなりかねません。特に、年数の経ったエアコンの場合は、買い替えを考慮に入れておきましょう。

エアコンの耐用年数は、基本的には10年と考えられています。また、新しい型に買い替えれば、以前よりも省エネの技術が発達していて、節電になることもあります。

ただ、エアコンを処分する場合は廃棄費用がかかるので頭に入れておきたいですね。廃棄費用の相場は、大体5000円くらいとなります。

エアコンを引っ越しする場合は、引っ越しのために分解するため、同時にクリーニングをすると、効率的です。エアコンからの空気がカビ臭い場合など、クリーニングしてもらうかどうかも、事前に伝えておきましょう。

何かと手間も値段もかかってしまうエアコンの引っ越し、できるだけ安く質のいいサービスを受けるために、事前に複数の業者に見積もりを取り、細かいところまでしっかり確認したいですね。