⇒1分!すぐできる引っ越し一括見積もりはこちら


引っ越しでは、食器などの割れ物の荷造りに気をつかうものですが、コレクターの方にとってはそれ以上に気をつかうのがフィギュアの荷造りではないでしょうか?オークションやインターネットの買い取りなどを利用してフィギュアを発送したことがあるなら、梱包の難しさはよくご存知かと思います。

フィギュアは細かい部分や尖った部分などが折れたりしやすく、最近は作りが繊細になって特に扱いには細心の注意が必要となっています。

また、レア物やもう手に入らない物など、お金では変えられない価値のあるものなので、できるだけ早く荷造りを始め、丁寧に梱包しておきましょう。

購入時の箱に入れ隙間にエアークッションを

フィギュアの荷造りには、フィギュアを購入した時に入っていた箱を使うのが一番安全です。もともと輸送にも耐えうるように作られているので、中に入れた時にずれずに安定していることが多いです。

ただ、隙間が空いているようなら、エアークッション(プチプチと呼ばれるもの)で巻いてから梱包した方が良いでしょう。さらに隙間が空いているなら、その周りにもエアークッションを入れます。

エアークッションは、ホームセンターや100円ショップなどで手に入ります。新聞紙を丸めたものでも代用はできますが、印刷が移ってしまうため、あまりお勧めできません。代用するなら、ティッシュや不織布、キッチンペーパーなどが良いでしょう。

梱包する時は、分解できる部品はできるだけ分解し、それぞれエアークッションなどで包んでおきます。エアークッションで包む時の注意点は、フィギュア本体も部品もあまりきつく締め付けず、余裕を持たせて包むことです。

手間はかかりますが、ティッシュなどでふんわりと包んでから、エアークッションで包むと安心です。部品は何個か一緒にして詰めると、折れたり塗装がはげる原因となるので、面倒ですが一つ一つ包みます。その後、エアークッションを詰めたダンボールに入れ、隙間にもずれないようにエアークッションなどの緩衝材を入れます。

購入時の箱がないなら立てた状態でダンボールに

フィギュアの箱はかさ張るため、捨ててしまうことも多いものです。そんな場合はちょうどいい箱に入れて同じように梱包するのが一番いいですが、なかなか見つかりませんよね。そういった場合は仕方ないのでランク付けをして、箱に入れるもの、エアークッションで包んでそのままダンボールに入れるものを分けておきます。

そのままダンボールに入れる場合は、まずエアークッションをダンボールの底に詰めて保護をします。そして、エアークッションで包んだフィギュアを寝かせるのではなく立てて入れていき、隙間をエアークッションで埋めていきます。この時、ダンボールを軽く振ってみて、中で動いていないか確認しましょう。

細かい部品がある場合は、部品を包んだ後にビニール袋に入れ、さらにフィギュアごとに大きい袋にまとめて入れておくと荷解きの時分かりやすいです。フィギュアを箱に詰めたら、ダンボールの側面にフィギュアが入っていることを記載し、目立つようにワレモノ、下積厳禁などと目立つように書いておきましょう。

また、引っ越し業者に依頼する場合は、大切なフィギュア、貴重なフィギュアが入っている旨を事前に伝え、丁寧に取り扱ってもらうようにしましょう。

業者に任せるという選択肢も

引っ越しのプランには、荷造りをお任せするプランもあります。梱包に自信がないなら、荷造りに慣れたスタッフにお願いするのも良いでしょう。ただ、引っ越し業者によってもサービスの質はまちまちになり、どんなスタッフが派遣されるのかは当日になってみないことには分かりません。

引っ越しには補償が付くと言ってもフィギュアの定価の範囲内なので、プレミア価格の付いた物、お金には替えられない物には対応できません。一番安心できるのは、自分で梱包をし、大切なフィギュアだけは他の荷物とは別に自分の手で運ぶ方法かもしれません。

引っ越し業者によっては、高級品や美術品を取り扱うようなサービスもありますが、料金はかなり高くなっています。どんな方法を取るにせよ、後悔のないように最善の荷造りをしていきたいですね。