⇒1分!すぐできる引っ越し一括見積もりはこちら


tuki4004ただでさえ値段がかかってしまう引っ越し、できるだけ引っ越し料金を安く抑えたいものですよね。引っ越し料金を安くするには、時期を考えて引っ越しするというのも大切です。

3月や12月の引っ越しシーズン、土日祝日などは引っ越し料金が高くなり、避けておいた方が良いことはよく知られていますね。それでは、同じ月の中の月末や月初などで引っ越し料金の差はあるのでしょうか?

なぜ引っ越し料金の差が出るのかを踏まえながら、月末、月初の引っ越しについて考えていきましょう。

引っ越し料金の差は需要と供給のバランスによるもの

例えば、旅行の日程を決める時、繁忙期は避けるようにしたいものですよね。繁忙期はホテルの料金も割高になってしまいます。

いくら料金が高くても、仕事の都合などでどうしても日程を変えられない人も多いので、放っておいても人が集まる繁忙期は料金が高くなってしまいます。

逆に、平日やオフシーズンなどは人を集めるために、料金を安く設定したり、キャンペーンを行ったりするものです。

引っ越し業界でもこれは同じことで、人の集まらない時期は引っ越し料金も安くなります。特典がついたり、値下げ交渉もしやすくなるので、さらにお得になることもあるでしょう。

可能であれば需要と供給のバランスによる引っ越し料金の差を考慮に入れて、引っ越し時期を決めていきたいものです。

月末の引っ越しに人気が集中する理由とは

月末は引っ越しする人が多く、引っ越し料金も高くなってしまいます。これには、アパートやマンションなどの賃貸物件の家賃が関わっています。

家賃の支払いは、入退去した日によって日割り計算をしてくれる物件も最近は増えてきました。しかし、相変わらず月単位で契約するところも多く、月の途中で退去をすることになれば、損をしてしまうことになります。

日割り計算をしてくれるところでも、退去に関しては月末まで家賃を支払わなければならないこともあるようです。このため、月末に引っ越しが集中してしまうのです。

また、会社の人事異動の都合などでキリの良い月末に引っ越しをする人も多いようです。特に月末の週末ともなると、引っ越し料金が高くなってしまうので、なるべく避けるようにしたいですね。

月末と月初の引っ越し料金の差はどう出る?

それでは、月初の引っ越し料金はどうなるのでしょうか?これは月末よりは安くなりますが、月の半ばに比べれば高くなる傾向にあります。

月初は月末に引っ越しの契約が取れなかった人達がなだれこむため、引っ越し料金も高くなってしまうのです。ただ、月末よりは安くなるので、月初の平日を狙うのも良いでしょう。

業者によっては月初の特売サービスを行うこともあるので、色々調べておきたいですね。

複数の業者の見積もりを比較してから自分に合った選択を

月末、月初によって引っ越し料金の差が出るものですが、必ずしもこうだと言い切れるものではありません。

引っ越し業者に問い合わせてみれば、月末でも空きがあり、安く引っ越しできる可能性もあります。

また、引っ越し料金を安くするために、賃貸の家賃の支払いで損をしてしまっていいのかも、自分なりに秤にかけて考えていきたいものです。

いつ引っ越しするにせよ、まずは事前に複数の業者の見積もりを比較して、自分に合ったプランで引っ越しをしたいですね。