⇒1分!すぐできる引っ越し一括見積もりはこちら


引っ越しの荷造りの中で、小物の荷造りには多くの時間を割くものです。引っ越し業者に荷造りをお願いしない場合は、小物は基本的には全てダンボールに詰めなくてはいけません。

自力で引っ越しする場合でも、同様にダンボールに小物を詰めていきます。小物と言っても様々な種類があり、どのように梱包していけばいいのか迷ってしまいますよね。計画的に効率よく小物の荷造りを行うには、どのようなポイントがあるのでしょうか。

整理整頓はあまり考えずにササッとやる!

大掃除の時などに、引き出しの中の物を全て出して整理整頓しようとして、途方に暮れてしまった経験はないでしょうか。押し入れの中に入っている普段使わない物なども同じように、整理整頓には時間がかかるものです。

引っ越しの時には不要な物を処分したり、整理整頓をする良い機会にはなりますが、あまり細かい所までやっていると、時間がいくらあっても足りません。

文房具や雑貨、日用品などの小物の整理整頓は引っ越しが終わって落ち着いてからにして、不要な物をぱっぱと処分していきながら、時間をかけずに荷造りしていきましょう。関連記事:引っ越し荷造りで不用品を捨ててしまえ!断捨離でスッキリ!

棚や引き出しごとにまとめてダンボールに

小物を荷造りする時のポイントは、荷解きが楽なように梱包することです。荷解きを楽にするには、まず、引っ越し先の間取りを考えてどの部屋に何を入れるのかを考えます。

そして、ダンボールに部屋番号を書いておけば、後で移動せずに済みます。それから、タンスや机の中身、棚に飾ってある小物などは、ダンボールにそのまま入れるのでなく、その引き出しや棚ごとにまとめておき、その後にダンボールに詰めます。

まとめるのに一番便利なのは、スーパーなどのビニール袋です。これに引き出しの中の小物をざっと入れて縛り、どこの何番目の引き出しなどと書いておくと、荷解きの時にはまたそれを入れるだけで良いのです。

ビニール袋にまとめたら、部屋ごとにダンボールに入れていき、さらにダンボールにも何が入っているのか書いておきましょう。ダンボールは重さに合わせて重い物は小さいサイズ、軽い物は大きいサイズに入れると、持ち運びも便利で底抜けの防止にもなります。

割れ物、壊れやすい物は緩衝材で包んでから

まとめていく際、割れ物や壊れやすい物には注意します。ガラスの付いた物など、割れ物や壊れやすい物はエアークッション(プチプチ)や新聞紙、タオルなどに包んでからダンボールに入れます。さらに、隙間には緩衝材を入れて安定させておきましょう。

こういった割れ物や壊れやすい物を入れる場合は、ビニール袋でなく、ダンボールに入れてまとめてから、さらに大きいダンボールに入れると安心です。ダンボールに詰め終わったら、側面に分かりやすくワレモノなどの注意書きを記載しておきましょう。

先の尖った物などもビニール袋では破れてしまうので、ダンボールや空き箱などに入れると良いでしょう。また、ビニール袋や空き箱の中でさらにまとめておきたいものは、輪ゴムやヒモなどで縛っておくと分かりやすくて良いです。

引っ越し先ですぐに使う小物は一つの箱にまとめて

引っ越しの荷造りは、普段は使わないシーズンオフの物や押し入れの中の物などから順番に荷造りしていきます。そうすることで、せっかく荷造りをしたダンボールを探したりする手間も省かれます。

ただ、一つの棚や引き出しごとに荷造りをしていれば、その中にあまり使わない物と毎日使う物が一緒に入っていることもあるでしょう。その場合は、毎日使う物だけは避けておき、後で一つのダンボールにまとめておきます。

そうすれば、とりあえずは引っ越し先でそのダンボールさえ開ければ良いでしょう。荷解きのことを考え、効率的に小物の荷造りをしていきたいですね。