⇒1分!すぐできる引っ越し一括見積もりはこちら


引っ越しの際、案外かさばって困ってしまうのが靴の荷造りです。家族全員分の靴となると、結構大量の数になってしまいます。

また、靴は外を歩くものなので土なども付着しているし、型崩れなども起こりそうでどのように荷造りしていいか考えてしまいますよね。今回はそんな靴の荷造りの仕方、気を付けることなどをご紹介していきたいと思います。

靴を荷造りする時、一番安心なのは購入時の靴の箱を利用すること

靴を荷造りするには、やはりサイズもぴったりしている購入時の箱を活用するのが一番でしょう。型崩れが気になるなら、購入時にされていたように靴の中に新聞紙や緩衝材を詰めておくとさらにいいですね。

靴の箱をひもで縛るなどしてもいいですが、何個かまとめて箱ごとダンボールに入れておくと衝撃が抑えられて安心です。ただ、靴の箱があまり大量になってしまうと、荷物の量が増えすぎてしまいます。

コンパクトにまとめるためには、ダンボールに直接入れる方法もあります。大事な靴、色移りや型崩れしそうな靴など、箱に入れたいものだけ入れるのも良いでしょう。

靴を箱に入れず、直接ダンボールに入れていく際の詰め方は?

まず、靴は袋などではなく、ダンボールに入れるようにしましょう。袋だと型崩れなどの心配があるのはもちろん、ダンボールのように積み上げることができずに、無駄なスペースを作ることにもなります。

靴をダンボールに詰めていく時は、まず、ダンボールの底に衝撃を抑えるために緩衝材(新聞紙を丸めたものなどでも)を敷き詰めていきます。そして、靴を寝かせた状態にして、靴のかかととつま先を互い違いにして靴底を合わせ、新聞紙や食器を包む紙などで一つ一つ包んでいきます。

靴をダンボールの底に並べ終わったら、その上に新聞紙や緩衝材を敷き、さらに並べていきます。靴はあまり重くならないため、中~大サイズのダンボールを使用し、入れば3段くらいまで並べても大丈夫です。

ただ、ダンボールの蓋が盛り上がることはないようにしましょう。そして、型崩れしても大丈夫な物を下にし、大事な靴は上の段に来るようにします。色移りしないようになるべく同系色を近くにし、色移りしそうな物、白い物などはタオルで包んでおくなど工夫しておきましょう。

コンパクトにするなら、そのままダンボールへ

一つ一つ包んでダンボールに入れるのがベストですが、そのままダンボールに入れることも可能です。この場合、靴底同士を合わせるのではなく、靴底を外側に向けて寝かせていくと良いです。

そうすると、違う靴同士は靴底で合わさるため、色移りの可能性も低くなります。また、引っ越し業者によっては靴専用のBOXを用意してくれるところもあるので、予め確認をしておきましょう。ただ、ロングブーツなどは対応していない場合もあるので注意しましょう。

ロングブーツは、寝かせていれるのではなく、立てて入れ、型崩れを防止するために新聞紙を入れたり、ブーツキーパーを利用しましょう。

靴の荷造りの前には必ず汚れを落とすことが大切

靴を荷造りする時には、土や汚れが他の靴に移らないよう、汚れを落としてから収納します。スニーカーなどの洗える物は洗いますが、しっかり乾燥させないとカビや色移り、傷みの原因となってしまうので余裕がない時は払うだけにしておきましょう。

革靴などの湿気に弱い物は洗わず、布や専用のクリーナーで汚れを落とします。引っ越しの時に履く靴は荷造りをしないように、後は早めに準備できるといいですね。