⇒1分!すぐできる引っ越し一括見積もりはこちら


引っ越しの際には、荷造りで苦労したという声が多いものです。引っ越しに慣れていない方は、どのように荷造りを行っていいのか分からず、時間ばかりがかかって引っ越しに間に合わなかったということにもなりかねません。

しかし、引っ越しも回数を重ねるごとにコツが分かってきて、スムーズに荷造りができるようになります。引っ越し準備の前に荷造りのコツを抑えて、賢く荷造りをしていきましょう。

使わない物から順序良く荷造りをしていくこと

荷造りをする時には、順番を間違えないことが大切です。まずは使わない物から荷造りをしていき、その後、時々使う物、毎日使う物、と使う頻度に合わせて荷造りをしていきましょう。

使わない物は押し入れに眠っているような物だけでなく、今の季節には使わないシーズン物も含まれます。そして、時々使うような物は後で出し入れしたくなってかえって手間にならないように、計画的に荷造りするのがコツです。

最後に、毎日使うような物は、ひとまとめにしておくと、引っ越し後に新居で使う時も楽です。また、まだ使うかもしれないような物はダンボールに入れるだけは入れて、蓋をせずに置いておきましょう。

重い物は小さいダンボールに、軽い物は大きいダンボールに入れること

ダンボールに詰める時のコツは、本やCD、DVDなどの重い物は小さいダンボール、衣類やクッションなどの軽い物は大きいダンボールに詰めることです。大人一人で持ち上げられるような重さを目安にして、本などは小さいダンボールでも詰め過ぎないようにしましょう。

また、ダンボールに詰める時は新居に運ぶ部屋ごとに詰めていき、番号を書いておくと、引っ越し後もスムーズです。同じ種類の物を入れることにあまりこだわらず、重い物は下、軽い物は上に詰めます。詰め終わったら、詰めた物を箱に記載しておき、積み上げる時も重い箱は下に、軽い箱は上に積み上げていきましょう。

食器などの割れ物や壊れ物には細心の注意を払うこと

壊れやすい小物類などは、一つ一つ新聞紙などの梱包資材で包み、新聞紙を丸めた物などで箱の中で動かないように隙間を埋めていきます。そして、食器も一つ一つ丁寧に梱包し、皿は立てて並べ、コップや茶碗は伏せた状態で入れ、隙間を埋めていきます。

使いかけの調味料などのビン類は、心配なら口にラップをして輪ゴムで止めるなどして、しっかり口を閉めて周りをくるんでおきましょう。食器類を梱包する時には、クレープ紙という梱包資材があると、新聞の印刷が食器に移らず便利です。

割れ物、壊れ物はダンボールに注意事項を目立つように書いておきます。ダンボールを積み上げた時にも見えるように、側面に書いておくのがコツです。

業者に予め確認を取り、専門のサービスの活用も

例えば、食器を運ぶための専用のケースがあったり、衣類がしわにならないようなハンガーBOXというハンガーをかけたまま運べるケースが用意されていることもあります。

予め引っ越し業者に確認を取り、どのようなサービスがあるのか、追加料金が必要なのか分かった上で活用していきたいですね。また、大型家具などの自分ではなかなか梱包することが難しい物も、業者に事前に相談してお任せした方が良いでしょう。

冷蔵庫は前日までに中身を空にし、コンセントを抜く、冷蔵庫と洗濯機の水抜きをするなど、自分でできる準備はしておきます。梱包できる家電は後で困らないように配線が分かるよう、印をつけておくのもコツです。パソコンはバックアップをしておきましょう。

業者に任せるところは任せ、気持ちよく引っ越し当日を迎えられるように荷造りをしておきたいですね。