⇒1分!すぐできる引っ越し一括見積もりはこちら


必要があるから引っ越しをする以上、時間が無いから、面倒だからと、荷造りをしない訳にはいきません。通常の引っ越しプランでは、ダンボールに収納できる小物類は全て、自分で梱包するのが一般的です。

でも、忙しいあなたのために、引っ越しの荷造りをしてくれるサービスもあるんです。引っ越し業者に荷造りをお願いするのと、荷造り専門業者にお願いするのとでは、一体どちらがお得なのでしょうか。

通常の引っ越しと荷造りサービスの線引きは?

業者による若干の違いはあるものの、通常の引っ越しプランでは、ダンボール箱に入るものは全て自分の手で行うものだと思いましょう。ぎりぎり入りそうな家電はそのままにしておけば、ちゃんと業者が運び出してくれるので、無理して収める必要はありません。

大物家電や家具の場合は、引き出しの中身は箱詰めが必要な業者と、中身ごとOKな業者があるので、事前に確認しておくようにしましょう。

らくらくプランやお任せコースのような、引っ越しに荷造りまでついているサービスでは、文字通り荷造りは全て任せてしまえるものなのですが、トラブルの元となりやすい貴重品や下着などは、自分の手で予め梱包しておくほうが無難です。

荷造り込みの引っ越しだから何もしなくて良いという訳ではありません。ハウスクリーニングはオプションの場合が多いので、サービス内容の確認を行い、掃除が含まれない場合は自分の手で行うか、オプションを付ける必要があります。

荷造り専門業者と引っ越し業者では何が違う?

引っ越し業者は引っ越しのプロ、荷造り専門業者は荷造りのプロ、ならば荷造りは専門業者の方が良さそうな気もしますが・・・。荷造りを依頼するのに、それぞれのメリットやデメリットには何があるのでしょうか。

引っ越し業者に依頼する場合のメリットは、契約先がひとつで済むことと、引っ越し当日に荷造りが出来ることになります。

契約が一か所で済むので手間はかからず、セット割引で費用をおさえられる可能性があります。荷造りから搬出・搬入までを一気に行うため、ギリギリまで部屋を自由に使えるのも利点です。

荷造り専門業者に依頼するメリットとしては、女性スタッフの多さが挙げられます。男性に私物を触られるのには抵抗があるという場合には安心して任せられますから嬉しいサービスです。

デメリットとしては、事前に梱包を済ませておかなければならないということと、荷物の梱包と運搬で二社、荷解きまでなら三社と契約をしなくてはいけないということになります。

やっぱり気になる!費用の違い

ただでさえお金のかかる引っ越しですから、荷造りの費用だって気になりますよね。引っ越し業者と荷造り専門業者では、どれくらいの違いがあるのでしょうか。

引っ越し業者の荷造りサービスの場合では、1LDKで10,000~20,000円、2DKで20,000円、3LDKで20,000~40,000円が目安となります。

荷造り専門業者では、3DKまでで24,000円、6DKまでで36,000円程度の設定をしている所が多いようですが、作業員の派遣代が別途発生する事があるので、事前に確認をするようにしましょう。

ちなみにあくまでも荷造りをする業者ですので、荷解きは自分の手で行うか、荷解きの業者を依頼する必要があります。

部屋数は少なくても、荷物の量が多すぎたり、あまりにも雑然としている場合は、追加料金が発生する可能性があります。あきらかに不要なアイテムは事前に処分しておくと、無駄な出費を防ぐことが出来ますよ。

どちらに頼む?引っ越し業者と荷造り業者

それぞれ費用が発生する以上、納得のいくサービスを受けられる方に依頼したいですよね。

こんな方には引っ越し業者の荷造りサービスがオススメ

・引っ越し当日に全てを済ませたい
・少しでも費用を節約したい
・契約先を増やしたくない

荷造り専門業者がオススメの場合

・男性に私物をあまり見られたくない
・ついでに不用品の買取や処分をしたい

慌ただしく煩わしい引っ越しの荷造りを代行してくれる荷造りサービス、費用を重視するか、精神的なものを優先するか、スピードが大事なのか、じっくりと考え、後悔のない引っ越しをするようにしたいですね。