⇒1分!すぐできる引っ越し一括見積もりはこちら


引っ越しの荷造りで、多くの方が頭を悩ませているのが食器の梱包です。単に荷造りが大変なだけではなく、引っ越しの直前まで使うものなので、前々日から前日にかけて、最後の仕上げで一気に梱包しなければいけません。面倒な食器の梱包を手早く済ませるコツについてまとめてみました。

日常使う最低限のものだけを残し梱包

引っ越しの荷造りをするとき、同じ種類のものをまとめて一緒にやろうと考えがちですが、食器に関しては2回に分ける方が楽な場合もあります。

食器棚に出している食器の数が少ないご家庭は別ですが、来客用にたくさんの食器を揃えていたり、普段もたくさんの食器を使っているなど、多くの食器を梱包しないといけない場合は、まずは選別をしましょう。

絶対に必要な最低限の食器、例えば、お茶碗、カップ、お皿、お椀を、それぞれひとり一個ずつ残して、ほかのものは先に梱包します。この際、グラスや湯のみといった飲み物用の食器はマグカップひとつで代用する、小鉢や小皿は先に梱包して、たくさんの料理を一緒に乗せることができる大きめのお皿を残すのがポイントです。

紙コップや紙皿を上手に活用して

最後まで残した食器類は、引っ越しの前日の夜に梱包するしかありませんが、引っ越しの前日は、明日に備えてゆっくり過ごし、できれば早めに休みたいですよね。

前日はコンビニのお弁当やスーパーのお惣菜で済ませる方もいますが、やはり手料理が食べたいという場合は、食器だけは使い捨てのものを使うこともおすすめです。

美味しく食べて、食器は捨てるだけ。後片付けの必要もありません。荷造りをする作業時間を確保するために、早い段階から活用するのもおすすめです。

紙皿にはちょっと抵抗があるという場合は、プラスチック製の食器を利用する方法もあります。最近は、見た目は陶器の食器とほとんど変わらない、おしゃれなプラスチック製の食器もたくさんあります。

割れ物ではないので、前日まで使用しても梱包に時間がかかりません。最初から捨てるつもりで、安いプラスチック製の食器をいくつか買いそろえておくのもいいかもしれません。

食器の荷造りのコツ

食器など、ワレモノを梱包する際は、面倒ですが一個ずつ包みます。コップ類は仕方ないけれど、お皿は同じ種類のものはまとめて数枚、いっしょに包んでしまいたくなりますよね。

ですが、万が一の場合をつねに考えて梱包することが大切です。段ボールがひっくり返ったり、うっかり落としてしまったり、あるいは強くぶつけてしまったり。

このような場合、数枚まとめて包んでいると、一枚が割れ、その衝撃で他のお皿も一緒に割れてしまう危険が高くなります。一個ずつ包むことで、大量の破損を防ぐことができます。

段ボールに入れる際は、重い大皿は下の方に、小さい食器や軽くて割れやすいコップ類は上の方に入れましょう。できるだけすき間ができないように工夫し、少しでもすき間ができてしまったときは、緩衝材を詰めてすき間をなくします。緩衝材は、新聞紙をクシャクシャにしたもので大丈夫です。

引っ越し会社のオプションサービスも便利

食器の梱包が大変だという声が多くあることから、引っ越し会社によっては食器専用の運搬ケースを準備されているところもあります。利用には日時などの条件がありますが、とてもうれしい便利なサービスです。気になる方は事前に引っ越し会社に相談してみましょう。

毎日使っている食器には、無意識のうちに自分でも驚くほど愛着を感じているものです。慣れない新居でも、慣れ親しんだ食器を見ると、我が家に帰ってきたと実感できます。

慣れ親しんだ食器には、金額には代えられない価値があります。大切な食器を新居でも快適に使えるように、梱包には十分に気をつけましょう。