⇒1分!すぐできる引っ越し一括見積もりはこちら


引っ越しの荷造りで気をつけなければならないのは、重い荷物を一つのダンボールに詰め過ぎてしまうことです。ダンボールの量を減らしたいと頑張って詰めてしまうと、かえって作業効率を悪くしてしまいます。

ダンボールの数を減らすのは良いことですが、重すぎれば運ぶのに時間がかかり、底が抜けることもあります。書籍もそんな重い荷物の一つで、書籍が大量にあるご家庭も多いものです。効率的に、また、大事な書籍を傷むことなく運ぶには、どのように荷造りすれば良いのでしょうか。

書籍の荷造りを始める前に、処分やリサイクルを検討

引っ越しは、大掃除でもなかなかできないような部屋の隅々まで整理する良い機会となります。本棚に眠る書籍の中には、もう読むことのないような物も含まれていることでしょう。

自力での引っ越し、引っ越し業者に依頼する引っ越しのどちらも、荷物の量を減らすことでコストダウンに繋がります。荷造り、荷解きの労力も減らすことができるので、書籍のような重い荷物に関しては特に処分、リサイクルも頭に入れておきましょう。

処分、リサイクルには自治体による回収、リサイクルショップの買い取りなどがあります。混みあった時期のため引っ越しに間に合わないなどということにならないよう、早めに済ませておきましょう。引っ越し業者の中には不用品を引き取ってくれるところもあるので、お金はかかりますが、手間をかけたくない場合にはいい方法です。

書籍の荷造りは、丈夫なダンボールに!

書籍を一まとめにする時によく用いられる方法で、書籍を重ねてひもで縛る方法があります。しかし、この方法だと荷崩れが起こる可能性が高いので、ダンボールに入れて梱包しましょう。

ダンボールに入れる時も、書籍を傷めたくなければひもで縛らずにそのまま入れた方が良いです。ひもが食い込んで、痕がついてしまう可能性があります。そして、ダンボールは底が抜けないような丈夫な物を選びましょう。

さらに底が抜けないようにするには、底の合わせ目をガムテープで貼った後、垂直に十字の形にガムテープを貼ると良いです。垂直に貼ったガムテープと並行して淵もガムテープでとめて王の字にするとさらに補強されますが、作業員が持ちづらくなるので田の字にして全部覆ってしまうのはやめましょう。

書籍の荷造りは必ず小さいダンボールにして

書籍は重さがあるため、大きなダンボールに入れるとすぐに簡単に持ち上げられないような重さになってしまいます。底が抜けたり、無駄なスペースで本がずれやすくなってしまうので、必ず小さいダンボールを用意しましょう。

スペースの無駄なく詰めるには、同じサイズの書籍を重ねて詰めていくことです。なるべくスペースを空けずに入れられるよう、方向なども考えて詰めていきましょう。

無駄なく詰めるには縦向きに入れた方が良いですが、ページが折れたりする原因ともなってしまうので、書籍を横にして平積みの方がお勧めです。重い書籍と軽い物を一緒に入れる時は重い物を下にしましょう。

空いたスペースにはプチプチや新聞紙などの緩衝材を詰めて、ずれないようにしておきましょう。ダンボールの底にもプチプチを引いておくと、背表紙の傷み防止になります。小さいサイズのダンボールに入れても、書籍が重すぎてスペースが余ってしまう場合は、衣類など軽くてかさ張る物を入れておくといいですね。

ダンボールに内容を記載して部屋ごとに区分けを

ダンボールに詰める時には、引っ越し先でどの部屋に入れるのかも考えてから荷造りしなくてはなりません。特に書籍のように重くて移動が大変な物は、後で移動しなくて済むように計画を立てておきましょう。

そして、その部屋ごと、本棚ごとに梱包しておき、ダンボールに部屋の番号や本棚のどこに入れるかなどを記載しておくと良いです。記載する時はダンボールを山積みしてからも見えるように、横の部分に書いておきましょう。高価な物など取り扱いに注意してほしい場合は、注意書きも記載します。

引っ越し業者の方もプロとは言え、繁忙期には慣れていないアルバイトなども増員されてしまいます。しっかり荷造りをして、大事な書籍を守っておきましょう。