⇒1分!すぐできる引っ越し一括見積もりはこちら


引っ越しの荷造りでタンスの中身を全て出して梱包するのは、手間のかかる作業です。できれば、タンスの中身が入ったまま運べれば手間が省けます。自力で引っ越しする場合は、タンスの中身を出してから運んだ方が無難ですが、引っ越し業者によってはタンスの中身そのままに運んでもらえることが多いです。

小さい引っ越し専門でない業者はタンスの中身をそのままでというのは難しいこともありますが、大手の引っ越し業者の場合は大きな家具でも傷をつけずに安全に運ぶというノウハウがしっかりしていて、荷物はそのままで大丈夫なことが多いんです。

ただ、これはタンスの種類や大きさ、引っ越し先の条件などにもより、引っ越し業者によっても対応が大きく変わってくるので、事前に細かい確認が必要です。引っ越しの際、タンスの中身の荷造りはどのように行っていけば良いのでしょうか。

タンス、クローゼットは荷造り無しでも大丈夫な場合も

引っ越し業者にもよりますが、最近ではお客様の要望に応え、サービスの区別化を図るためにも、タンスの中身をそのままで運んでくれる業者も多いものです。ただ、大型のタンスや分解ができないようなタンスは難しいでしょう。

中身が入っていても作業員が楽に運べるような小型のタンス、タンスの中身が衣類だけのクローゼットなどは、運んでもらえる可能性が高くなります。ただ、引っ越し条件にもよるので、階段を使う場合や出入り口が狭い場合などは断られることも多いでしょう。

引っ越しプランによっても変わってくるので、事前に確認してから荷造りの計画を立てていきましょう。

タンスの中身は軽くしておくほうが安心

タンスの中身を運んでくれるとは言っても、荷物があまり重くなり過ぎると、タンスの傷みやキズ、破損にも繋がってしまいます。運ぶのは人間が行う作業ですので、間違いが起こってからでは遅いのです。

緩衝材やキルトなどでタンスを保護してはくれますが、タンスを運ぶには、やはりタンスの中身を出した状態の方が安全ではあります。補償などに関しても、予めしっかりと相談しておく必要があります。

引っ越しを機会に荷物の整理をし、中身の処分、リサイクルを考えるのも良いことでしょう。また、中身をそのまま運んでくれる場合も一度引き出しを開けてから作業することもあるので、布か何かを被せたり、どうしても見られたくない物は梱包した方がいいですね。

衣類は専用ボックスを貸りられるか見積もり時に確認

タンスの中身を出してから運ぶ場合でも、自分で荷造りが不要になることもあります。ハンガーにかかっている衣類などは、引っ越し業者の用意した専用のハンガーボックスに入れてハンガーにかかった状態で運んでくれるサービスもあります。

このサービスに関しても事前に確認して、何を荷造りしなければならないかを最初に把握しておきましょう。衣類を荷造りする場合は、季節の違う今は着ないような衣類から順番に荷造りしえいくと、スムーズに行えます。しわになりやすいような和服は専用のボックスを手配するのもいいですね。

貴重品は自分で運ぶこと

タンスの中身を荷造りする場合、引き出しごとに梱包しておくと、後で分かりやすいです。その際、重い物は下に、軽い物は上に詰め、空いた隙間は緩衝剤や新聞紙などで補っておきます。

底が抜けてしまうため、1人で持てないような重さにならないように臨機応変に詰めていきましょう。ダンボールにはタンスの種類や何番目の引き出しかまで記載しておくと、後でスムーズに収納できます。

タンスの中にある貴重品は、引っ越し業者では運べない規則となっているので、必ず自分で責任を持って運びます。引っ越しのサービスを使いこなし、荷造りを楽にするためには、事前見積もりが大切となるので、見積もりの際には気になることは何でも質問しましょう。