▼ 引っ越し見積もり無料!

一人暮らしの引っ越しにピッタリ「単身パック」は意外と安い?!

一人暮らしの引越し費用は、シーズンや距離、荷物の量で大きく変わってきます。単身引越しパックなどお得な料金を設定する引越し業者も増えていますが、荷物の内容によっては追加費用が必要になる場合があるのです。

お得に引越しをしたい場合は事前に調べることや、シーズンをずらすなど工夫も大切になってきます。

一人暮らし引っ越し費用の相場

引越地域 荷造り・梱包 引っ越し費用
宮城県仙台市青葉区 ⇒ 宮城県仙台市太白区 自分で 18,000円
東京都大田区 ⇒ 東京都杉並区 自分で 60,000円
東京都世田谷区 ⇒ 東京都渋谷区 自分で 30,000円
神奈川県横浜市西区 ⇒ 神奈川県横浜市西区 自分で 30,000円
鹿児島県薩摩川内市 ⇒ 鹿児島県薩摩川内市 自分で 45,000円
山口県下関市 ⇒ 東京都稲城市 自分で 35,000円
神奈川県横浜市緑区 ⇒ 大阪府大阪市東淀川区 自分で 60,000円
熊本県熊本市中央区 ⇒ 福岡県福岡市南区 自分で 49,000円
兵庫県神戸市兵庫区 ⇒ 福岡県春日市 自分で 69,000円
埼玉県さいたま市見沼区 ⇒ 東京都足立区 自分で 32,000円
千葉県市川市 ⇒ 千葉県市川市 引越し業者 50,000円
京都府京田辺市 ⇒ 福岡県福岡市西区 自分で 25,400円
埼玉県上尾市 ⇒ 福島県郡山市 自分で 240,000円
埼玉県川口市 ⇒ 埼玉県川口市 自分で 20,000円
福岡県福岡市中央区 ⇒ 福岡県北九州市八幡東区 自分で 50,000円
神奈川県大和市 ⇒ 千葉県市川市 自分で 65,000円

荷物の量も個人差がありますし、引っ越し先への距離でも引っ越し費用の相場は大きく変わってきます。そういった引っ越し費用のデータを平均すると以下のようになります。

5月~1月 繁忙期 2月~4月
単身・一人暮らし 41,926~54.132円 48,849~68,272円
3人家族 83,365円 107,916円
4人家族 112,698円 131,835円
5人家族以上 146,923円 187,627円

⇒ 詳しい引っ越し相場を調べる

 

引越し費用の相場はシーズンによって変わる

単身パックや学生応援パックなど、一人暮らしの引越しに応える引越しプランが増えています。単身赴任などにも使いやすく、引越し費用を少しでも節約したい人に好評です。

引越し費用の節約を考えるのであれば、抑えておきたいのがシーズンの相場です。引越しは春に集中するため、3月から4月は引越し業者の繁忙期になります。もっとも費用が高くなり、予約が難しくなる場合もあります。

スケジュールに余裕がなければ多少費用が高くても先に業者を抑えておくのがおすすめです。キャンセルは前日か当日から発生するのが一般的なため、まずは予約して他の業者と比較した方が余裕をもって行動できます。

一人暮らしのための引っ越し荷造りは大変?業者任せもアリ!

県内か県外かで大きく費用が異なることも

引越しの相場で重要になるのが距離の要素です。距離が遠ければ遠いほど費用も高くなります。都道府県内か、県外かでも異なり、同じ市内など短距離専門の引越しパックも存在するため、距離が近い場合は引越し会社で比較してみるのもおすすめです。

また、県外など長距離の引越しの場合は、トラックに同乗して引越しをすることで費用を安くしたり、電車の貨物便などを利用して費用を抑えられるケースもあります。

注意したいのは、費用が安くなるほど日程の選択が難しくなることです。引越し業者の都合を優先し、安くするプランも存在するからです。

到着時間を細かく指定する場合は追加費用がかかることが多く、誤差がどの程度まで許されるかもチェックしたポイントになっています。

引っ越しの時のエアコン取り付け・取り外しは業者に頼める?

実際の費用相場は?

引越しの相場の目安をまとめると、下記のようになります。

1.単身パック + 荷物量普通 + 短距離(20km程度)+ オフシーズン=約3万8千円
2.単身パック + 荷物量普通 + 短距離(20km程度)+ 繁忙期=約4万9千円
3.単身パック + 荷物量多い + 短距離(20km程度)+ オフシーズン=約4万4千円
4.単身パック + 荷物量多い + 短距離(20km程度)+ 繁忙期=約5万7千円

同じ短距離(市内相当)でも、荷物の量やシーズンで大きく違うことがわかります。
引越しは日数と人の拘束が主な費用となるため、300km程度の長距離であっても短距離費用の2倍程度でおさまるケースが多いのが特徴です。距離が10倍だからといって値段も10倍になるわけでは無いのです。

一人暮らしの引っ越し費用相場について

ベッドは単身パックに含まれないことが多い

引越し費用を安くするためには、荷物を減らすことが重要です。特にベッドは追加費用がかかりやすくなっています。

ベッドが追加費用になりやすいのが、多くの単身パックがダンボールや指定のコンテナ入る荷物だけがパック料金になるからです。

組み立て式ではないベッドは非常にかさばるため、範囲外になるのが一般的です。分解が可能でもマットレスなどまで含めると荷物が増えやすくなります。場合によっては処分をして買いなおした方が安上がりになることもあります。

ピアノやオーディオ機器なども制限に引っ掛かりやすいため、事前に確認するのがおすすめです。どうしてももって行きたい場合は、別のパックと組み合わせた方が総合的なコストが安くなる場合があります。

粗大ゴミの引き取りサービスを提供する業者も

ベッドなど大型の荷物の処分に困ってしまう場合は、粗大ゴミなどの引き取りサービスなどを行っている業者を指定する方法もあります。

引越し業者の中にはリサイクルセンターを運営し、引越し時の不要物を引き取ってくれる場合があるからです。処分費用を払えば多くの業者で引取りを行ってくれますが、対応範囲が異なるため確認して起きたいポイントになります。

自分で処分する時間がない場合は、多少費用を払っても処分サービスが利用できた方が便利なことがあるからです。

当日に余分な費用が発生しないように工夫をするのも大切で、家電や家具の出張買取なども含めて荷物を減らすと引越し費用を浮かせることができます。

わかりやすくするなら引越しの一括見積もりが便利?

引越し業者やプランが多すぎて混乱してしまう場合は、引越しの一括見積もりを利用するのも方法です。様々なサイトが比較サービスを行っていて、同時に複数の引越し業者の見積もりを取ることができます。

日付と住所情報、引越し人数を入力して見積もりを依頼すれば大まかな相場を知ることができます。また、一括見積もりサイトを利用した場合、一括見積もりサイトから各業者に連絡が行きます。競合他社との競争になることがわかっているため、引越し費用の交渉がしやすくなる場合もあるのです。

春先の繁忙期は業者も強気ですが、それ以外の引越しが少ないシーズンは交渉の余地が大きくなります。

また、ネット申し込みで割引がきくキャンペーンなども存在するため、見積もり後の申し込み方法でも費用が前後する可能性があります。

タイトルとURLをコピーしました