引っ越しする時、クレジットカード会社への手続きは必要?

cre3530

引っ越しをするときには、住民票の移動をはじめ、たくさんの事務手続きが必要ですが、うっかり忘れやすいのがクレジットカードの事務手続きです。

特に手続きをしなくても、クレジットカードを利用するうえで支障はありません。郵便局に郵便転送サービスを申し込んでおけば、ダイレクトメールもちゃんと受け取ることができます。

近年はカード会社のペーパーレス化が進んでいるので、カード会社からの連絡はeメールで受け取るようにしている場合は、ますます忘れやすいでしょう。
引っ越しをする際に必要なクレジットカードの事務手続きと、手続きを行わなかった場合にどんな問題が起こりうるかについてまとめてみました。

ペーパーレスでも届け出をして

クレジットカードの利用明細をダイレクトメールで受け取っている方は、年々減少しています。

多くのカード会社が、経費削減のためにペーパーレス化をすすめていて、ペーパーレスを申し込むと割引や特典が受けられる会社も少なくありません。

たとえ特典がなくても、スマホやパソコンで簡単に利用明細を確認できるので、ゴミを減らすために多くの方がペーパーレスを申し込んでいます。

このため、住所変更を連絡しなくても問題はないと勘違いしている人も多いようです。ペーパーレスはあくまで毎月の利用明細やガイドを受け取らないというだけで、すべての書類を受け取らないということではありません。

カード会社がなにかしら重要な書類を送付する場合や、期間限定のキャンペーン情報を届けたい場合など、必要に応じて郵便物が送付されることもあります。

住所変更の手続きをしていないと、重要な郵便物を受け取れないどころか、行方不明になったり、最悪の場合、第三者に悪用される恐れもあるのです。

手続きをしていないとこんな危険も

では、第三者に悪用されるとどのような危険があるのでしょう。まず、あなたがそのクレジットカードを保有していることが第三者にわかります。

仮に利用明細を郵便で受け取っている場合でも、カード番号はわからないように一部しか記載されていませんが、あなたが何を買ったか、また、クレジットカードを利用して月にどれくらいの買い物をしているかがわかります。

つまり、あなたが好きなものや、そのために気軽に払える金額が第三者にわかってしまいます。

悪質な訪問販売をする相手にこの情報が知れると、詐欺のターゲットにされる危険が生まれます。

引っ越し時のクレジットカードの手続きは簡単

運転免許証や銀行の通帳に比べて、クレジットカードの引っ越し手続きはとても簡単です。

やることはひとつだけで、カード会社のホームページからマイページにログインし、住所を変更するだけです。

身分証明書の提示や印鑑は必要ありません。カード会社側にしてみれば、本人確認は済んでいるので、書類のお届け先を変更するという位置づけです。

もし、まだマイページを作っていなかったとしても、eメールアドレスを持っていればすぐに作ることができます。

複数のカードをお持ちの方は、めったに使わないカードや一度も使っていないカードは手続きの必要はないだろうと思われるかもしれませんが、あなたの身を守るためにも手続きを行いましょう。

▼引っ越しで出た不用品は売れる!

関連記事

引っ越し時の住所変更等の運転免許証の手続き方法、手順

固定電話の引っ越し手続きをスムーズに行うには

今住んでるアパートなど賃貸住宅から引っ越す時の手続きは?

引っ越し時の役所への転入、転出届け、転居届けの順番、方法は?

小中学校、高校への引っ越し時に必要な転校手続きの手順

郵便物の転送手続きの仕方 引っ越し時は郵便局に転居届を出そう