時間帯で違う?午前便、午後便の引っ越し料金はどっちが安い?

tokei221320511マイホームを手に入れた、進学や就職を機に便利な場所へ移動したい、家賃や住環境の改善を求めてなど、引っ越しの理由はいくつもありますよね。

新しい家に移るのは楽しみな反面、手間や出費を思うと気が重くなってしまいますよね。ただでさえ出費の嵩む引越しを、少しでも安く済ませることができたら良いと思いませんか?

目についた引越し業者になんとなく依頼するのではなく、ひと手間かけてお得に引っ越しをしちゃいましょう。

引っ越し料金はタイミング次第で大きく変わる

引っ越しをするためには、荷物の移動が必要です。小物類は自分でまとめるとしても、大物家具の移動には引っ越し業者に依頼する必要があります。

移動後は新居での荷物の整理があるため、なるべく早い時間に引っ越しを済ませたいと思いますよね。しかし、そう考えるのは他の方も同じです。希望者の多い午前便は人気が高く、多少高くても依頼が入るものなんです。

逆に依頼者の少なめな午後便は、午前便よりも若干価格が低く設定されているんです。遠方への引っ越しで、午前便でないと片づけが終わらないというのでなければ、午後便を希望してみてはいかがでしょうか。

費用と時間、どちらを優先する?

引っ越しの規模や業者によって変動はあるものの、午後便は午前便より1割程度安く設定されています。

代金は移動距離や荷物の量で変わりますが、近距離の単身で平均40,000円、3人家族では80,000円、遠距離単身で60,000円、3人家族で180,000円と言われていますので、1割の差額は大きいですよね。

ただ、午後便にもデメリットは存在します。あさイチで作業に来る午前便と違い、午後便はすでに他のお宅の引っ越しを終わらせてから来るものです。

前のお客さんの引っ越し作業が長引いてしまい、約束の時間に到着しない事があります。いつ来るのか、いつ終わるのか、イライラしながら待つのは嫌だという方には、午前便の方がオススメです。

大安は割高?!平日だと安いかも

賃貸契約が月末締めだから、土日の休日に済ませてしまいたからと、月末や週末に引っ越しをする方は多いですよね。実は月末・月初、土日祝祭日は引っ越し料金も高めに設定されています。

日・祝祭日は休日割り増しとして、2割ほど高くなってしまうのです。引っ越し業者のバイトさんも休日で時給がアップしていますもんね。

また、マイホームへ引っ越しされる方は大安を選ぶ方が多いため、大安の日は高く、仏滅の日は安く設定している業者も多いんですよ。

平日では休めない、家の契約のタイミングだから、キリの良い月初めに新居で過ごしたいなど、どうしてもその日に引っ越しをしたいというのでなければ、月中の平日に引っ越しをするというのも検討してみてはいかがでしょうか。

引っ越し料金を安く収めるためには

月末・月初、土日祝祭日、大安の午前便が高くなるのは分かりますよね。深夜・早朝はさらに高く、3割増しになるのが一般的です。では、月中の午後便が最安値かというと、実はそうとも限らないのです。

業者によっては、午前便・午後便だけでなく、フリー便もあります。フリー便は文字通り、手が空いてから駆け付けるので、時間の指定ができないというものです。

予定が立てにくいというデメリットはありますが、料金は2~4割引きくらいに設定されているので、検討する価値はありますよね。

時間が読めないのは困るというのであれば、見積もりを取るだけでも、通常料金よりも安くなることが多いので、複数業者の見積もりを取ってみると良いですよ。

ただでさせ費用のかかる引っ越しですから、出来るだけ無駄な出費は抑えたいものですよね。日取りや時間に融通が利くなら、見積もりを取り、午後便やフリー便を使い、お得に引っ越しをすませましょう。

▼引っ越しで出た不用品は売れる!

関連記事

すぐ近所に引っ越すなら引っ越し料金も安い!?

自力 VS 引っ越し業者!どちらが安く引っ越しができる?!

値下げ交渉する?

引っ越し料金の値下げ交渉をするには一括見積もりが便利だった!

割高になる?荷造り専門サービスの料金はどれくらい?

やっぱり長距離は引っ越し料金が高い!少しでも安くするには?

引っ越し業者と便利屋だと引っ越し費用はどちら安い?