インターネット回線の引っ越し時手続き 解約or継続?タイミングは?

internet57295インターネット回線は、これまで使っていたものを引越し先でも変わりなく使うことができるのかというと、決してそうではありません。地域によって使うことのできるインターネット回線には違いがあるからです。

とくに、もしかしたらいままで使っていたインターネット回線よりも、引越し先で使うことのできるインターネット回線のほうが安くて速い場合もあるわけです。

このような場合に、それを知らずに以前のインターネット回線にこだわってしまうと、損をすることにもなりかねません。

プラバイダを変更する場合には、アダプタやモデムなどの機器をレンタルしていると返送するという手間と送料が発生することもありますが、新しいプランは常に出てきているのでこの際、早くて安い回線に変えてしまうのも手ですね。

一度契約すると変更が面倒

別に引っ越した後で、もっとお得なインターネット回線があるということを聞いてから変更すればいい、というふうに考える方もいます。

しかし、引っ越してからインターネット回線の変更手続きをするというのは、現実的にはかなり難しいです。

というのも、インターネット回線をたとえば引越し先でもいままで同じものを使うことにした場合、まず引越し先でもそのインターネット回線が使えるように、工事の依頼をすることになります。

そしてこの工事というのに、お金が発生するということはまれです。それはなぜかというと、インターネット回線の契約条項に2年以上の継続利用など、一定期間以上の利用が盛り込まれているからです。

ですので、一定期間以上は同じインターネット回線を使い続けなければならないわけです。そのため、引越し先に入居する前に、どこのインターネット回線にするのかというのを明確に決めておくことが大事になってきます。

引越し前に安いインターネット回線を調べておく

引っ越してからでは遅いというお話をしましたが、引越し前に、引越し先で利用できる安いインターネット回線を調べておくようにしましょう。

変更先をちゃんと決めてから、工事の依頼をするようにしましょう。そうすれば、損をするリスクや無駄な労力がなくなります。

違約金を払いたくない?

引っ越すときに、いままで使っていたインターネット回線の契約期間が残っていて違約金が発生してしまうということもあるでしょう。

そういった場合でも、違約金を払ってより安いインターネット回線にしたほうが賢明です。一度インターネット回線を決めると、基本的には同じものを使い続けることになるからです。

違約金は高くても1万円程度ですから、それから安いインターネット回線を使い続ければすぐに取り戻すことができる金額です。それよりも、違約金を払わずに高い料金を払い続けるほうがデメリットは大きくなります。

ですので、たとえば違約金が発生してしまうような場合であっても、引越し先のインターネット回線を使い続けるように手続きをしましょう。

▼引っ越しで出た不用品は売れる!

関連記事

郵便物の転送手続きの仕方 引っ越し時は郵便局に転居届を出そう

引っ越し時の住所変更等の運転免許証の手続き方法、手順

今住んでるアパートなど賃貸住宅から引っ越す時の手続きは?

引っ越しする時、クレジットカード会社への手続きは必要?

小中学校、高校への引っ越し時に必要な転校手続きの手順

固定電話の引っ越し手続きをスムーズに行うには