▼ 引っ越し見積もり無料!

重い大きい金庫を引っ越しの時、業者に運んでもらえる?

大きな重い金庫

引っ越しをする時には、貴重品の管理にも十分気をつけなければなりません。引っ越し業者は、標準引越運送約款により、貴重品の運送を断る権利があります。

そのため、貴重品は自分で運ばなければならないのです。それでは、貴重品を預ける金庫に関してはどうなのでしょうか?

金庫は、貴重品に当たる現金や印鑑、有価証券などを取り出した状態で運搬が可能です。しかし、大きい金庫となると取り扱いが難しく、業者によっては断られることもあるのです。

引っ越しの際に大きい金庫もお願いする場合、どのような方法を取ればいいのでしょうか?

金庫のサイズや重さによって変わる業者の対応

一般家庭で使われている金庫なら、よほど大きい金庫でなければ、引っ越し業者が引き受けてくれることが多いです。作業員2人で運べるくらいの大きさならば、まずは大丈夫でしょう。

しかし、金庫は防犯上運び出しにくいように作られているため、持ち運びが容易そうに見えても、取り扱いが難しいものなのです。また、引っ越し先の物件で階段での運搬作業が必要だったりすると、断られることもあります。

そして、引っ越し業者によっては、自社で大きい金庫の対応ができず、専門業者に外注するという業者もあります。その場合、料金が高くなってしまうので、自社対応できるかどうかが費用を安く抑えるポイントとなるのです。

自力で引っ越しする場合も大きい金庫は要注意

引っ越し業者に頼むのではなく、費用を安く抑えるために自力で引っ越しする方も増えてきています。しかし、自力で引っ越す場合には、自力でできる範囲をしっかりと見極めて、後で後悔しないようにしたいですね。

大きい金庫の運搬ともなると、人数もいりますし、怪我や事故にも繋がりかねません。場合によっては小型クレーンなどを手配しなければならないこともあるので、できるだけ避けたいところです。

大きい金庫の引っ越しには、専門業者に頼むと安心

重く大きい金庫は取り扱いも難しく、専門性のない引っ越し業者ではトラブルや事故になる可能性もあります。

床に傷がつくなどはまだ軽いトラブルで、金庫が重すぎて床が抜けてしまうなどとという事態に見舞われる可能性もあるのです。

大きい金庫などを専門に取り扱っているのは、金庫専門業者や、コピー機やピアノ、大きい金庫などの大型輸送専門の業者があります。

料金はかかってしまいますが、取り外しや取り付け、金庫の取り扱いに慣れているのが安心ですね。

大型金庫の引っ越しは、事前見積もり時にしっかりと確認を

大きい金庫の引っ越しとなると、金額がかかってしまうのはやむを得ないことです。しかし、その中でも費用を安く抑え、トラブルのない取り引きにするためには、事前見積もりが大切です。

複数の事前見積もりを取り、事前に金庫の大きさなどを伝えておくと、スムーズに交渉ができます。インターネットの一括見積もりを利用する場合にも、金庫のことを明記しておくと、交渉する業者を絞ることができます。

そして、金庫の設置場所の床の具合などを自分で確認しておきましょう。金庫の運搬は、引っ越し業者によっては特別料金となったり、追加料金が発生することもあります。

後でトラブルとならないよう、分からないことはうやむやにせずに、事前見積もりの段階でしっかりと確認することが大切です。

タイトルとURLをコピーしました