引っ越しの見積もり金額で業者によって差があるのはなぜ?

見積金額の差

引っ越し料金を安く済ませながら、質の高いサービスを受けるためには、事前の見積もりが大切です。そして、見積もりを依頼する時には、複数の業者に依頼することが引っ越しの成功の鍵となります。

なぜ複数業者に依頼しなければならないかというと、引っ越しの見積もり金額は、業者で差があるからです。

全く同じ条件で見積もりを取っても、高い業者と安い業者で2倍くらいの差が出ることもあるようです。なぜ、引っ越しの見積もり金額は業者で差があるのでしょうか?

業者の混み具合で変わる見積もり金額

引っ越しの料金には、「基礎運賃」というものがあり、移動距離や荷物の量によって料金が定められています。これは、国土交通省によって定められた標準引越運送約款に基づくため、この部分で見積もり金額に大きな差は出ません。

これに加えてオプションサービスや人件費、梱包資材費などで料金が計算されていきます。このサービス内容によって、業者ごとに見積もり金額が変わってくるのです。

しかし、見積金額が業者で差があるのは、サービス内容によるものだけではありません。一番大きな差が出るのは、引っ越し業者の混み具合によるのです。

引越し料金は、3月などの引っ越しシーズン、週末などには料金が高くなってしまいます。業者の混んでいる時は放っておいても人が集まるため、値引き交渉もしにくいのです。

しかし、いくら閑散期でもその引っ越し業者の手が空いていなければ、料金が高くなってしまうこともあるのです。このため、空いている業者を狙うことが安く抑えるポイントとなります。

引っ越し条件に合ったサービスを得意とする業者を見つけること

見積もり金額は、業者の混み具合で料金が大きく変わってきますが、サービス内容によって変わる金額も見極めることが大切です。

事前に複数の業者から見積もりを取ることで、自分の引っ越し条件に合った業者を選んでいきましょう。例えば、業者によっては長距離が得意とか、単身プランが得意などの強みがあります。

ダンボールの無料サービスや特別な荷物などのオプションサービスの内容によっても、見積もり金額に差が出てきます。

ダンボールの無料サービスが必要かどうか、自分の条件に合ったプランなのか、プランの細かい変更や値下げ交渉が可能かどうかなど、しっかり比較していきたいですね。

大手引越し業者と中小引越し業者の見積もり金額の差

大手引っ越し業者はネームバリューがあり、途切れることなく引っ越しの依頼があるため、料金は高くなる傾向にあります。しかし、対応できる条件が幅広く、サービス内容が充実しています。

自分に合ったプランを見つけ、繁忙期でもその業者のスケジュールに合わせることで、安く引っ越しをすることも可能です。そして、地域密着型の多い中小引越し業者は、独自のサービスやフットワークの軽さが魅力と言えます。

条件や日程が合えば、引っ越し料金をかなり安く抑えることも可能となるでしょう。業者によってはライバル業者に勝つために、赤字覚悟で見積もり金額を安くしてくれることもあります。

他にも、引っ越し条件に合わせた提案をしてくれたりと、臨機応変な対応は大手業者にはできない強みと言えます。

ただ、引っ越し業者を決めるのは、安さだけでは決められないところもあるので、サービスの質や対応の良さも見極めていきたいですね。

見積もり金額が業者で差があることを念頭に入れて、インターネットなどの一括見積もりサービスなどを利用して、良い引っ越しをしたいですね。

▼引っ越しで出た不用品は売れる!

関連記事

やっぱり長距離は引っ越し料金が高い!少しでも安くするには?

値下げ交渉する?

引っ越し料金の値下げ交渉をするには一括見積もりが便利だった!

引っ越し業者と便利屋だと引っ越し費用はどちら安い?

3月は引っ越し料金がググーンとアップ!少しでも安くしたい!

時間帯で違う?午前便、午後便の引っ越し料金はどっちが安い?

自力 VS 引っ越し業者!どちらが安く引っ越しができる?!