引っ越し料金の値下げ交渉をするには一括見積もりが便利だった!

値下げ交渉する?

いざ引っ越しをするにあたり、ぱっと頭に浮かんだ大手の引っ越し会社が何件かありませんか?

電話帳を開くと、驚くほどたくさんの引っ越し会社が並んでいます。この中からどの会社を選ぶか、とてもひとりでは決めきれません。

けれど、ネットを利用して引っ越し費用の相場を調べようとしても、具体的な金額はわかりません。

同じ家族構成、同じ地域であっても、荷物の量や内容、また、現在の住まいと引っ越し先の住まいの形態などによって金額が異なるからです。

具体的な金額を知りたければ、見積もりサービスを利用するしかありません。その際、提示された金額が最終的な値段か、値下げ交渉の余地があるのか、判断する目安と方法についてまとめてみました。

一括見積もりサービスを利用すると・・・!

ネットで「引っ越し、見積もり」などのキーワードで検索すると、必ずどこかしらの一括見積もりサービスにたどり着きます。

けれど、手っ取り早く金額を知ることができると勘違いして登録すると、大変なことになります。内容を入力して送信した直後、たくさんの引っ越し会社から嵐のように電話が鳴り続けます。

なんの準備もなくこのサービスを利用すると、強引に見積もり訪問の予約をねじ込まれ、訪問時は契約するまで帰ろうとしない営業マンに根負けして、契約する羽目になることもあります。

軽い気持ちでこのサービスを利用する前に、以下の2点は必ず決めておきましょう。

1.見積もりに来てもらう日程と時間
2.どの会社に見積もりを頼みたいか

一括見積もりサービスを上手に利用するには?

一括見積もりサービスを紹介しているサイトは複数あり、そのスタイルもさまざまです。引っ越し会社を選べないサイトもあれば、最初から選べるサイトもあります。

希望しない場合は電話を受けなくていいサイトもあります。いろいろなサイトを比較したうえで、どのサイトを利用するか決めても遅くはありません。

このサービスを利用するメリットは、単に一括で見積もり依頼ができること、ではありません。

あなたが一括見積もりサービスを利用していることを相手は知っているので、こちらから値下げ交渉をするまでもなく、ほかの会社にとられないように、向こうから必死になって値引きを提示してきます。

段階的に値引いてアピールする会社もあれば、いきなり限界値を提示するスマートな会社もあります。

この際、限界値を引き出す極めて簡単な方法は、「ほかの会社の話も聞きたいので」と言うこと、これだけです。もう話を終わりにしたいとアピールすることで、ギリギリの限界値を提示してくれます。

引っ越しの繁忙期と閑散期は重要!

見積もりを依頼する際、大手の引っ越し会社であれば、ある程度こまかい見積もり内容を見せてくれます。

引っ越しに使う車両の種類、作業員の数、養生費、電気工事費、布団袋などの備品費、梱包作業代などなど。そのうえで、閑散期であれば一般的には大幅な値引きをしてもらえます。

引っ越しには繁忙期と閑散期があります。大学生の入学シーズンの3月前後、会社で移動転勤が多い9月などです。

とくに3月は、値引きどころか予約が取れないことも珍しくはありません。一カ月前倒して、2月に引っ越す人も最近は増えているようです。

逆に、年末年始など、わざわざこんな時期に引っ越す人はいない、というシーズンは、大幅な値引きがあるし、希望の日程で予約を取りやすいと言えます。

飛行機や観光ホテルなども、閑散期と繁忙期では金額が倍以上違うので、これは決して珍しいことではありません。いつでも同じように値引きしてもらえるわけではない、ということも知っておきましょう。

▼引っ越しで出た不用品は売れる!

関連記事

引っ越し業者と便利屋だと引っ越し費用はどちら安い?

3月は引っ越し料金がググーンとアップ!少しでも安くしたい!

すぐ近所に引っ越すなら引っ越し料金も安い!?

やっぱり長距離は引っ越し料金が高い!少しでも安くするには?

見積金額の差

引っ越しの見積もり金額で業者によって差があるのはなぜ?

引っ越しが延期、中止に!業者からキャンセル料を請求される?