3月は引っ越し料金がググーンとアップ!少しでも安くしたい!

sangatuhikkosi789引っ越しと言えば、新しい生活のスタートですね。企業や学校などの年度の区切りとなる4月の辺りに、引っ越しは繁忙期を迎えます。

新しい生活を始めるためには、3月には引っ越しておきたいところ。早い人では2月の下旬頃から、そして、3月末から4月の上旬頃にピークとなります。

1年のうちで一番引っ越しの繁忙期となるのが3月ですが、引っ越し料金はどのようになっているのかが気になるところですよね。

できれば避けたい3月ですが、3月に引っ越す時に気を付けるべきポイントもご紹介していきたいと思います。

3月の引っ越し料金と他の月を比較すると・・・

1年の中で、引っ越し料金が一番高騰するのが、3月の引っ越しシーズンです。引っ越し料金は、引っ越しの需要の高い時期と比例して高くなっていきます。

3月は人事異動や新年度のスタートの時期となり、言わずと知れた引っ越しの繁忙期です。3月の引っ越し料金は、他の月に比べて1.5倍以上も高くなるというデータもあります。

特に3月末は、人事異動が突然決まるなどの駆け込みの需要も高まり、2倍や3倍の引っ越し料金がかかってしまうこともあるのです。業者としては、需要が既に見込まれている3月に値引きやサービスなどをする必要もなく、このような値段となってしまうのです。

3月はできるだけ避けて、やむを得ない場合はできるだけ早めに

3月は引っ越し料金が高いだけでなく、のんびりしていると契約できないことにもなり兼ねません。自分の都合の良いように引っ越しの予定を立てるのも難しい時期なので、変更できるなら3月は避けて他の月にしたいところです。

ただ、もちろん会社や学校の都合などでどうしても3月でなければいけない事情もあると思います。その場合は3月の中でもできるだけ早めの時期、そして、週の半ばを狙って計画を立てましょう。

引っ越し料金は週末になると高くなり、特に3月の週末はとても高くなってしまうのです。そして、3月のような繁忙期は引っ越し料金の問題だけでなく、サービスの質の点でも注意しておかなければなりません。

引っ越しの繁忙期の3月は、人手が足りないため、臨時のアルバイトスタッフが増員されます。このため、プロのスタッフとは言えず、貴重品などの扱いを予め現場責任者などに注意しておきたいところです。

また、交通事情としても混雑が予想されるため、予定通りに引っ越し作業が進まない可能性もあります。せっかく高いお金を払って残念な結果にならないよう、なるべく時期をずらすが自己防衛をするよう徹底しておきたいですね。

3月の引っ越し料金を安くするには事前の見積もりが重要

3月の繁忙期とは言っても、突然その日がキャンセルとなり、空きが出ることもあるので、事前に複数の業者に相談するのが良いでしょう。インターネットを使えば、一括見積も出せるので、なるべく早めにいい業者をおさえておきたいものです。

比較して良い業者を選ぶのも大切ですが、あまり迷っていて契約が取れないなんていうことになっては大変ですので、3月のような繁忙期は早めの決断も大切です。引っ越しの予定が決まったら、早め早めに行動をするようにしましょう。

引っ越し料金の値引きはなかなか厳しいですが、引っ越しの荷物を減らす、自力でできることは行うなどで費用を安く抑えることは可能です。

また、自分でできるだけの引っ越し準備をして新居に移動し、ピークが過ぎた4月中旬頃に本格的に引っ越すという方法もあります。
繁忙期の3月の引っ越しを、工夫して乗り切っていきたいですね。

▼引っ越しで出た不用品は売れる!

関連記事

自力 VS 引っ越し業者!どちらが安く引っ越しができる?!

時間帯で違う?午前便、午後便の引っ越し料金はどっちが安い?

引っ越し業者と便利屋だと引っ越し費用はどちら安い?

割高になる?荷造り専門サービスの料金はどれくらい?

すぐ近所に引っ越すなら引っ越し料金も安い!?

引っ越しが延期、中止に!業者からキャンセル料を請求される?