今住んでるアパートなど賃貸住宅から引っ越す時の手続きは?

imanoapa240

 

引っ越しが決まった場合、どんな順番でなにから手続きを始めたらいいのか、頭が混乱しますよね。ここでつい後回しにしてしまうのが、現在の賃貸住宅の退出手続きです。

退出日の連絡は、最低でも一カ月以上前に管理会社に連絡をいれなければいけません。一カ月未満の場合は、一カ月分の家賃を請求されます。できるだけ無駄な出費をしないためには、入居日と退出日をうまく設定する必要があります。

そうは言っても、入居する先でも退出する先でも、待ってくれる日数や日程に決まりがあり、都合よくまとめることができない場合もあります。

スムーズに無駄なく引っ越しを行えるように、引っ越しをするときに必要な、現在入居している賃貸住宅の解約手続きについてまとめてみました。

引っ越し手続きの順番は?

引っ越しと聞くと、どんな順番で手続きを始めるのが一番無駄がないと思いますか?一戸建てやマンションを購入したり、実家へ引っ越す場合は、引っ越しの日程をあなたの都合で決めることができますが、賃貸住宅へ引っ越す場合はそうはいきません。

まずは入居先を探すという大仕事があります。そして、気に入った部屋がみつかったら、すぐにも契約を結ばないと、明日にもほかの希望者が現れ、契約してしまうかもしれないと、不動産屋さんにせかされます。

けれど、これは契約させようと大げさにオファーしているのではなく、本当のことです。ですから、やはり入居先を決めるのが一番ですが、契約をする場合、大事なのは入居日をいつにするかです。

現在の住まいの退去連絡は一ヶ月以上前にしなければならない!

賃貸住宅に入居する場合は、初月の家賃は日割で計算してくれるのが一般的ですが、退去の場合は月末締めで一カ月分を支払わなければいけないことも珍しくありません。

ですから、退去日は月末にするのが無難です。退去日から逆算して、新しい住まいの入居日を決めます。現在の賃貸住宅の退去の手続きはとても簡単です。

退去する一カ月前に連絡を入れると、解約通知書を送付されます。必要事項を記入し、返送します。あとは、すべての荷物を運び出したあと、立ち会いを行います。

後日、可不足金の連絡がありますが、家賃の支払いを口座引き落としてしている場合は、勝手に入出金されます。小さな管理会社であれば、事務所で現金処理をすることもあります。立ち会いの後、鍵を返して終わりです。

立ち会いって何をするの?

立ち会いは、管理会社の方と一緒に室内の損傷具合を確認するために行います。トラブルを避けるために、入居者と管理会社が一緒に確認をします。

あまりに損傷が激しい場合は、敷金の戻りが少なかったり、追加で請求されることもあります。

近隣の町村へ引っ越す場合は、引っ越しの当日は忙しいので、立ち会いの日程を引っ越しのあとにする方もいます。しかし、遠方へ引っ越す場合は、立ち会いのためだけに戻ってきたくはありませんよね。

引っ越し業者さんが荷物を運び出したあと、家族の一人が残り、その日のうちに立ち会いを済ませるのが理想的です。立ち会いにかかる時間はせいぜい30分ほどです。

引っ越し先のエリアに応じて、できるだけ早めに都合のいい立ち会い日を予約しましょう。

違約金を請求されたんだけど・・・

近年、とくに大手のハウスメーカー系列の賃貸住宅では、契約時に1年や2年の契約期間が設定されています。期間内に退去すると、家賃の一カ月分の違約金を請求されます。

この契約期間や違約金について、契約時に不動産屋さんや管理会社はきちんと説明してくれていないこともあります。

引っ越しが決まったら、まずは現在の賃貸住宅の契約書にあらためて目を通しておきましょう。場合によっては、違約金が発生しなくなるまで今の住まいに住み続けるという選択もあります。

▼引っ越しで出た不用品は売れる!

関連記事

水道局への引っ越し手続きと全住居分の支払い方法

小中学校、高校への引っ越し時に必要な転校手続きの手順

引っ越し時の役所への転入、転出届け、転居届けの順番、方法は?

郵便物の転送手続きの仕方 引っ越し時は郵便局に転居届を出そう

引っ越し時の住所変更等の運転免許証の手続き方法、手順

インターネット回線の引っ越し時手続き 解約or継続?タイミングは?